税理士について
avance

税理士業務のIT化

e-Japan戦略の一環としてのe-Taxの普及に伴い(近い将来、電子申告率が50%を超えるとも言われる)、税理士業務にもIT化の波が急速に押し寄せている。
2008年には、NTTデータが税理士向けに財務情報流通ゲートウェイ-Zaimon(ザイモン)サービスを開始したことなどもあり、顧問先企業へのサービスの提供という観点からも、税理士業務のIT化の動きは避けられないものと思われる。
〓用語解説〓
e-Japan(イージャパン)
日本政府が掲げた、日本型IT社会の実現を目指す構想、戦略、政策の総体。E-ジャパンとも表記する。
e-Tax(いーたっくす)
日本の国税に関する国営オンラインサービスシステムの呼称。正式名称は「国税電子申告・納税システム」。国税庁が開発・運営し、インターネットによる申請および納税に利用している。
財務情報流通ゲートウェイ-Zaimon
e-Taxに提出済の税務申告データをインターネットで金融機関へ提出するためのNTTデータの税理士向けにサービス。
(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

地域・業種・依頼内容に応じてコンシェルジュがベストマッチな税理士を無料で紹介します!

税理士紹介コンシェルジュ

遺産相続時の相続税の相談なら税理士です。
全国から税理士を探すならコチラ

相続税申告ナビ