税理士について
avance

税理士法人

2001年(平成13年)の税理士法改正により、税理士事務所の法人化(税理士法人)が認められ、税理士は、開業税理士、社員税理士、補助税理士のいずれかの区分に分類されることになった。
2006年(平成18年)5月1日、会社法施行にともない、公認会計士・税理士は会計参与という株式会社の機関の一類型として、会社に参加しうることになった。

戦後司法省から独立し公権力から自立している弁護士とは異なり、行政庁の監督下に置かれる公認会計士や弁理士などと同様に、行政庁である財務省および国税庁に監督権があり、懲戒権者も財務大臣とされている。
〓用語解説〓
公認会計士
監査、財務、経理、税務など仕事内容は多岐にわたる業務を行う会計の専門家。企業の財務諸表に関する適正性を証明する監査業務は公認会計士のみに付与された独占的業務である。
(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

地域・業種・依頼内容に応じてコンシェルジュがベストマッチな税理士を無料で紹介します!

税理士紹介コンシェルジュ

遺産相続時の相続税の相談なら税理士です。
全国から税理士を探すならコチラ

相続税申告ナビ